QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2017年08月02日

そこまでしなきゃいけないとは・・・

先月、北海道で電動式のフットマッサージャーを首に使い、女性が窒息死するという事故が起こった。
この製品は1988年~1996年に発売されたもので、販売台数は約36万台。
最新のものでも20年以上経過しているわけだけど、問題なく稼働するものがまだあるみたい。
しかもこの機種、旧バージョンがあるそうで、そちらは1983年~1990年にかけて約42万台を販売。
この製品を同じように使った結果、これまでに40~70代の女性5人が亡くなっているのだそう。
どういう使い方をしているのかと言うと、まずローラー部分に装着する布カバーをはずし、突起を露出させる。
その状態でスイッチをONにし、首の部分に当てる・・・というやり方らしい。
ローラーの突起部分が首回りを指圧してくれるので気持ちいい・・・んだろうけれど、ローラー部は常に回転しているので、服の襟部分を巻き込んでしまうと首が絞まってしまうんだよね。
スイッチを切れば回転は止まるけど、実際にそうなったらパニックに陥ってしまい、とっさに電源を切る事ってできないと思う。
今の機種だったら、おそらく異物を巻き込んでしまった時点で自動的に停まるようになっていると思うけど、1980年代~90年代の機種だとそこまでハイテクじゃないもんね・・・。
メーカー側は正しく使うように・・・ではなく、使用そのものを中止するよう呼びかけているみたいだけど、正直、そこまでしなきゃいけないのって大変だなと同情してしまう(汗)



Posted by goldenyellow at 10:01