QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2016年10月06日

ドラマの生放送って結構あったんだ

日本テレビ系の秋の新ドラマ「レンタル救世主」が、初回放送の一部を生放送で行うことを発表したのだそう。
日テレとしては史上初の試みということで、注目されているらしい。
私はドラマは海外モノばかり見ていて、日本のドラマにはあまり興味がないのだけど(^_^;)ドラマを生放送っていうのは新しいなあと思った。
ところがこのニュースを見た人からの投稿コメントを見たら、「昔のドラマは全部生放送だった」という書き込みが多くてびっくりΣ(゚Д゚)
そんな時代があったの?と驚いたのだけど、でも冷静に考えれば、VTRがなかった時代は「録画」という概念がそもそもなかったわけで、それならテレビ放送は必然的にすべて「生放送」になるよね・・・。
まあそういう極端なケースはともかく、VTRが出てきてドラマが録画放送になった後も、一部内容を生放送するという試みは結構あったらしい。
で、ちょっと調べてみたら、1950年代から1960年代初めまでほとんどのドラマは生放送だったとのこと。
でもそれ以降も、あえて生放送していたというドラマは結構あって、今回の日テレ系列でも、過去に火サスで全編生放送をやったことがあるらしい。
まあこれは単発の2時間ドラマだからカウントされていないのかもしれないけど、1998年に放送された「お熱いのがお好き?」という連ドラでは、第8話が全編生放送だったと記載されてる・・・(汗)
あれ、日テレとしては史上初の試みってなってたけど、実際は前にもやってるんじゃん(^_^;)
私はドラマを見ないから知らなかったけど、生放送のドラマって結構あったのね~。  


Posted by goldenyellow at 08:30