QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2016年06月24日

人見知りは治すべき?

私は自他共に認める人見知り。子供の頃から初対面の人と打ち解けるのは苦手で、大人になった今もその性格にたいして変わりはない(^_^;)
自分でもコンプレックスなのだけど、先日、とあるバラエティ番組内で、「人見知りは甘え」と言い切った芸能人がいたのだそう。
きっかけは、番組に出演していた人がタモリさんの「人見知りは最高の才能」という名言を紹介したこと。
人見知りの人は相手のことを考えすぎてしまうことが多いのだけど、それは裏を返せば自分の行動が相手をどんな気持ちにさせるのか考えることができるということで、それは立派な才能なのだ・・・ということらしい。
ところがそれに対して「ただの甘え」と反論した人がいて、その人いわく、家族を背負って働かないといけない世の中で、人見知りだから上司と話せない・・・なんて言っている人はおかしい、とのこと。
さらに、周囲が自分をどう思っているのか気にする=プライドが高い証拠だそうで、決していいことではないと言いたいらしい。
人見知りの一人として、この発言は結構耳に痛いなあと(汗)
確かに自分のことをどう思っているのか考えすぎて、人付き合いするのは苦手・・・と考えるのは自意識過剰だと言われても仕方ないのかも。
ただ、私の場合、いくら人見知りでも仕事とはきちんと切り離しているつもり。
要するに、プライベートで人付き合いを苦手としていても、仕事で必要とあらば、ちゃんと人付き合いもするし、コミュニケーションだって取っている。
なのでそこを「甘え」と言われるとちょっとぐさっとくるかなあ。プライベートで人付き合いがあるかどうかは個人の問題であって、誰に迷惑かけているわけでもないのだし。
もちろん、タモリさんの名言はうれしいけど、だからと言って「人見知りの自分最高♪」とも思わない。
ただ、自分は人付き合いが苦手な人間ということは事実で、仕事や日常生活に支障がなければ、それを無理に治す必要はないんじゃないかなと思っている。  


Posted by goldenyellow at 11:44

2016年06月18日

食べ物、飲み物は常温がベスト?

私は熱すぎるor冷たすぎる飲み物や食べ物が苦手。
たとえばできたて熱々のラーメンとか、熱湯で淹れたばかりのお茶とか。
飲料もキンキンに冷やした氷入りのものはダメ。食べ物もかき氷とか苦手(´Д`;)
要するに飲料や食べ物は「温かい」ものか「適度に冷えた」ものしか受け付けないらしい。
熱すぎるものって熱さばっかりが際立ってしまってあんまり味がわからなくなるし、場合によってはやけどしちゃう可能性アリで。
逆に冷たすぎるものは歯にしみるし(´Д`;)何より全身が冷え切ってしまって、何だか体を痛めつけている感じがしてくるんだよね・・・・。
まあたぶん、後者については私が年齢をとったせいだろうな(^_^;)若い頃はそういうの気にせず、バンバン冷たいもの飲み食いしてたし。
ただ、熱いものに関しては昔から苦手で、ある程度冷まさないと食べられなかったなあ。
やけどのこともそうだけど、熱いものを口にふくんで飲み込むとき、喉がちょっと痛いというか、ダメージを食らっているような気がするというか・・・。
その感覚がどうも苦手だったんだけど、実際、熱すぎるものを飲んだり食べたりするのって発がんリスクを高めるらしい。
しかもリスクが高まるのは65度以上Σ(゚Д゚)
熱いものがだめな私でも、65度以上って、むしろぬるいくらいだと思うんだけど、それでもだめなのね・・・。
要するに口に入れるものはすべからく「常温」がいいってことなのかなあ・・・。  


Posted by goldenyellow at 10:54

2016年06月10日

資格について考える

「何か資格持ってる?」と聞かれて、すぐに「○○持ってるよ」・・・と言えるほどの資格は、残念ながら私にはない(´Д`;)
履歴書に書けるのも、せいぜい普通第一種免許と、漢字検定2級くらい・・・。
英検は3級まで取ったけど、その上からは面談テストもあるというのを知って速攻断念(´Д`;)
以降は資格試験そのものを受けたことがなく、現在に至る。
まあ学校とは違って、資格取得には多くの場合、年齢制限がないから、今からだって独学でがんばれば何かしらの資格を取れる可能性はあると思うのだけど、「勉強」というものから遠ざかって久しい今、あらためてテキストを広げ、筆を持って勉強する・・・という気力がないorz
もちろん、どうしてもこの資格が欲しい!となったらがんばるのだろうけど、そもそも今現在、気になっている資格というのがないんだよね・・・。
資格を取得するからには、やっぱり将来のためのスキルを身につけたいと思うし。
でもそうなるといきなり敷居が高くて、始める前から尻込みしてしまうというね(´Д`;)
そういうのを考えずに選ぶにしても、はたして自分が欲しい資格はどれなのか・・・となると、単純に返答に詰まる。
まあ私の場合、近い将来就活する予定もないのでのんきにかまえていられるんだけど、現在中学生の息子には、将来役立つ資格を教えてあげるのもいいかなあと。
もちろん本人の意志にもよるけれど、やっぱり社会人になったときより、学生の今の方が勉強時間だって確保できるもんね。
  


Posted by goldenyellow at 13:10

2016年06月04日

坂道を上り続けた9年間

私が独身の頃に住んでいた実家は、ド田舎というほどではないものの、一般的な住宅街に比べると、やや寂しい場所だったと思う。
おそらく、山や川が近く、そのぶん住宅が密集していなかったことが原因。
実家を離れて十数年経つけれど、いまだにその環境は変わっていないのがすごい(^_^;)
今でこそ、自然が多く、住宅が密集していないから息苦しくもなく、いい環境だったなと思うんだけど、小中学校の時はとにかく学校が遠くて嫌だった。
住宅街から離れているということは、イコール学校からもやや離れているということで。
学校はうちから見ると高台に位置していたので、毎朝長くて傾斜もそこそこきつい坂を延々のぼっていかなきゃいけない。
ちなみに中学校は小学校の近くにあったので、中学校に進学しても大筋の通学路は変わらず・・・。
つまり高校に行くまでの9年間、私はずっと同じ坂を上り続けて登校したことになるんだよね。
そこまで毎日のぼっていれば、さすがに慣れるものだと思うんだけど、子供にはかなりきつい坂道であることに変わりはなく。
帰りは逆に下り坂で楽ではあるんだけど、冬場になると雪が積もったり、氷が張ったりするから、今度は転倒の危険がある(´Д`;)
実際、あの坂道で何度すべって転んだことか・・・。
まあその時の経験があるせいか、今は雪が積もった坂道でも転ばず歩けるようになったけど(笑)
そしてランニングが趣味になった今、あの場所って坂道練習に最適だよな~と思ったり(´∀`;)  


Posted by goldenyellow at 08:57