QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2016年02月29日

今だからこその文通

今は通信手段と言えばメールやLINEなどのSNSが主流。
文章さえ作ってしまえば、あとは送信ボタンを押すだけでリアルタイムに相手と通信できてしまうので、タイムラグはないし、手紙をポストに投函する手間もないし、便利と言えば便利だよね。
ただ、そんな現代だからなのか、最近になって文通がひそかなブームになってきているのだそう。
文通と言えば、まだ携帯電話やインターネットなどが普及していない頃にブームになった習慣。
リアルな友達だけでなく、雑誌などの文通コーナーで相手を募り、遠く離れたまったく見も知らない他人と手紙のやりとりをするというもので、一時期は雑誌の文通コーナーに大量の募集が投稿されていたっけ。
当時は個人情報にも緩く、雑誌にそのまま名前や住所などが掲載されていたけど(^_^;)
今はさすがにそんなことはなく、なんと文通を仲介するサービスというのが存在しているんだとか。
たとえば日本郵便が運営している文通仲介サービス「青少年ペンフレンドクラブ(略してPFC)」では、毎月「レターパーク」という会員情報誌を発行しているのだけど、そこに文通希望者の情報を掲載。
雑誌に載る個人情報は氏名と年齢のみで、短いメッセジーを記載し、文通相手を募集する。
で、それを見た誰かが手紙を送るのだけど、その相手はPFCの事務局。
受け取ったPFC側はそれを相手に転送してくれるのだそう。
もちろんPFCが仲介するのは最初の一回のみで、その後のやりとりは当人同士が行うことに。
要するに、最初のやりとりで相手と本当に文通するかどうか、信頼できる相手かどうか安心して見極めることができるというわけ。
ちなみにこのPFC、昭和24年に誕生したとかで歴史は古いんだけど、昭和30年代に約30万人の会員がいたのをピークに、その後は徐々に減少。平成18年頃には5千人にまで減ってしまったんだとか。
ところがその後はV字回復。女性を中心に文通を楽しむ人が増えているんだって。
簡単にメッセージのやりとりができる現代だからこそ、手書きの手紙って重宝される時代になっているのかなあ。
実際、手書きの手紙が届いたりすると、何となくワクワクするし、嬉しいもんね。  


Posted by goldenyellow at 09:03

2016年02月22日

折れるなんてびっくり

今はネットか音楽データをダウンロードするのが主流。
もちろんお店に行けばCDも売っているけど、市販されているのは直系12cmのマキシシングルのみ。
アルバムに関してはもともと12cmサイズだったので違和感はないんだけど、きっと今の子たちは、かつてマキシより小さな8cmのCDが販売されていたことすら知らないと思う。
まあ今は中古CDショップでも8cmサイズのCDなんて見かけないし、無理もないよね・・・。
でも私が中学生以前の頃は、8cmCDが主流で、私自身も何枚か買ったことがあった。
マキシの場合、プラスチックのケースに入っているのが一般的だけど、8cmCDの場合、上下に開く縦長の紙製ジャケットの間にプラスチックのケースがはさまっていたんだよね。
で、その上部にCDをはめこむところがあって、下の部分は単なるアミアミになっているという(笑)
ちなみにこの下部分、当時の私は単なる「余り」だと思っていた。
縦長ジャケットの内側には曲の歌詞が書いてあるんだけど、それを8cmサイズのCDがぴったりはまるジャケットの裏側に書いたんじゃ狭すぎて見にくい。
だから読みやすいようジャケットを縦長にして、あまった部分はアミアミにしてしまおう・・・と思ったんだろうなあと。
ところがこのアミアミ、実は折るものだそう!
実際、簡単に手でパキって折れるみたいで、折った紙製のジャケットをそのサイズに合わせて内側に折り込むんだとか。
8cmCDの存在は知っていたし、実際に手に取ったこともあるのだけど、ジャケットを折るなんて知らなかったなあ・・・。
今手元にないのが惜しい!折ってみたらどうなるのか試してみたかったかも。  


Posted by goldenyellow at 12:37

2016年02月16日

保険をかけるのが良くない・・・のかもしれないけど

Twitterのアンケートで、アラームのセットに関する質問があった。
1つ目は「保険をかける」派。そしてもう1つは「1回しかかけない」派。
1つ目のは要するに時間差攻撃みたいなもので、1回目で起きなかった、あるいは二度寝してしまった場合でも、2回目、3回目のアラームが用意されているので、寝過ごすリスクが減るというもの。
一方、1回しかかけない派は背水の陣を狙い、あえて「後がない」状態にすることで、二度寝そのものを予防するというもの。
これは人によって意見がわかれると思うんだけど、結果を見たら、圧倒的に「保険をかける」派の方が多くて、その差は2倍以上になってたΣ(゚Д゚)
まあかくいう私も実は「保険をかける派」(笑)
やっぱり1度だけだと二度寝してしまった時、果たして何時に起きてしまうのかが怖すぎる。
実際、以前は1度だけしかかけていなかったんだけど、物の見事に二度寝してしまい、ギリギリで目が覚めて青ざめた・・・なんてことがあったんだよね(汗)
それからは時間差で2回かけるようになり、1度目が鳴った後、その10分後にもう一度鳴るように設定してある。
ちなみに私の場合、鳴った時に一応目が覚めて目覚ましを止めるので、スヌーズは効果がなし。あくまで2回アラームをかけないと意味がないんだよね。
ただ、これも本当は良し悪しだなあ・・・と。
というのも、2回かけるようになったら、2回目では大体起きるんだけど、1回目だと「まだ2回目があるし・・・」と思って二度寝することが多くなっちゃったんだよねえ(汗)
保険をかけていることに安心して二度寝するなら、やっぱり1回だけかけて背水の陣にした方がもっとスムーズに起きられるのかなあと思ったり。
でも二度寝して寝坊した時のトラウマを思い出すと、なかなか1回にする勇気がわかないんだよなあ・・・。  


Posted by goldenyellow at 12:16

2016年02月16日

ファンならマナーをわきまえなきゃ

最近、「おそ松くん」の大人バージョン「おそ松さん」が人気になっていて、グッズなどの売れ行きも好調らしい。
私はおそ松さんを見たことがないので、どんな内容なのかもほとんど知らないのだけど、どうやら一部で熱狂的なファンができるほど人気が過熱しているらしく、特にグッズをめぐってはあちこちでトラブルが頻発しているんだとか。
たとえば先日は、おそ松さんグッズの詰め合わせと称して、とあるフリマアプリで販売された商品を買ってみたら、ネイルの詰め合わせが入っていたとか(汗)
こちらは詐欺として問題になっていて、運営側が対応するなんて話になっているけど、こういう詐欺が出てくるのも人気アニメのゆえんなのかな・・・。
そして先日のバレンタインの日は、衣類や雑貨を扱う「サンキューマート」というところでおそ松さんとのコラボグッズである「台形ポーチ」が発売されたのだけど、このグッズをめぐって巻き起こった争奪戦が思った以上に過激だったらしく・・・。
開店前からかなりの人が並んでいたらしいのだけど、実際には開店と同時に列なんて関係なしに人が殺到し、そのおかげで店内はしっちゃかめっちゃかに。
その日は雨だったのでカサをもっている人が多かったのだけど、もみくちゃになっている間に他人のカサに差されたり、足を踏まれたりした人がたくさんいたんだとか。
実際、その時の店内の様子を撮影し、アップしている人がいたのだけど、まるで地震の後かと思うような物の散乱ぶり・・・。
まあお店側もここまで人気だとは想定していなかったのか、ちゃんと対応できなかったのには非があると思うんだけど、それより何よりグッズ目当てにマナーもモラルもなく、傍若無人にふるまった人達が残念だなあと。
好きな物があるとまわりが目に入らなくなるのはわかるけど、こういうことが頻発するとまわりの人に迷惑なのはもちろん、コラボグッズとかも自粛される可能性があるってことわからないのかなあ・・・。  


Posted by goldenyellow at 12:16

2016年02月09日

ひとりでも多く助かって欲しい

台湾南部で発生した地震から72時間が経過してしまった。
こういった大規模災害が発生した場合、災害発生後72時間というのがひとつの節目になるのだそう。
というのも、発生後72時間からは被災者の生存率が急激に低下することが統計で判明しているそうで、だから発生後72時間以内にいかに多くの被災者を救助できるか、が重大な要素となるらしい。
昨日の時点で、今回の地震による死者は38人となったけれど、このうち36人は、倒壊した16回建てビルの犠牲になった人達。
ビルのがれきの下には今もなお約120人が取り残されているとみられていて、一刻もはやい救助が待たれているんだけど、そんな最中でも72時間経過・・・。
すでに台南市の市長は昨日午前の段階で「犠牲者は100人以上になる可能性がある」という見解を述べているとのこと。
まだ確認されたわけでもないのに時期尚早だとは思うんだけど、ただ、ビルはコの字型に並べられて9棟建てられていて、そのうち一部は棟同士で重なり合うように倒れてしまっているのだそう。
そのため、その部分にいた住民の生存は絶望視されているということで、あまりにもいたたまれない。
でも72時間がひとつのポイントであったとしても、実際にはそれ以上生き延びている人だっているわけだから、何とか一人でも多くの人が助かってくれれば・・・と思う。
私も2011年のあの日、大規模な災害を体験した一人なので、地震による被害を見るのは本当につらい。一日も早く復旧しますように。  


Posted by goldenyellow at 11:42

2016年02月02日

Amazon偽サイト現る

フィッシング対策協議会が昨日、Amazonを騙るフィッシングサイトを発見したと発表したのだそう。
Amazonと言えば、食品から家電、本、ゲームまでほとんど何でもそろう大手ショッピングサイト。
Amazonが発送をする商品は基本的に送料無料だし、中には実店舗よりも安い値段で購入できるものも多いから、私も年に数回は利用している。
そんなAmazonのフィッシングサイト、いわゆる偽サイトが稼働しているということで、ちょっとびっくりΣ(゚Д゚)
Amazonは有名なサイトだから狙われやすいと言えばその通りなんだけど、これまでAmazonのフィッシングサイトが確認されたという話は聞いたことがないので意外な気がした。
ちなみに本家との見極め方はURLを見れば一目瞭然。
本家Amazonは「http://www.amazon」の後に「.co.jp/」がつくのだけど、偽サイトは「.co/」で終わり。
つまり末尾の.jpがないわけで、そこで本家がニセかを判断できるわけ。
ただ、URLをいちいち見る人って少ないから、危ないと言えば危ないかも・・・。
特にスマホのブラウザなんかの場合、画面が小さいぶん、URLがもとからすべて表示されていないので、ニセかどうか判断しにくいみたい。
極めつけは偽サイトのデザイン。実際の画面を見たら、Amazonのロゴもそっくりだし、サインインのデザインも本家そのもの。
それもそのはずで、Amazonのデザインをそのまま流用しているらしく、ぱっと見ただけでは見分けがつかない(汗)
もちろん、サインインの画像でeメールアドレスやパスワードを入れたら個人情報が抜かれてしまうので要注意。
一応サイト閉鎖のための調査を依頼しているみたいだけど、実際に閉鎖されるまでには時間がかかるだろうから、それまではAmazonを利用する時は注意しないとね。  


Posted by goldenyellow at 10:03