QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2015年11月28日

こんにゃくとポップコーンの組み合わせ

私が最近ハマっているお菓子はキャラメル味のポップコーン。
しお味のポップコーンはそれほど好きじゃないんだけど、キャラメル味のポップコーンは一度食べてからハマってしまい、断続的に食べ続けている。
ほどよい甘さもさることながら、ポップコーンの外側についたキャラメルがかりっとするところがおいしいんだよね。
でもしお味のポップコーンはそれほどカロリーが高くないけど、キャラメル味のポップコーンはキャラメルをまぶしているぶん、カロリーが気になるところ(汗)
なのでたっぷり食べるのは抵抗があるんだけど、つい最近、ヨコオデイリーフーズ運営の「こんにゃくパーク」から、こんにゃくを原料にした「マンナンポップコーン」というのが販売されたのだそう。
ポップコーンと言えば、普通はポップコーン用の豆が原料で、こんにゃくとポップコーンって結びつかない・・・。
一体どういう仕組みになっているのかと思ったら、大粒のポップコーン豆にゼリー状のこんにゃく粉を加えて作ったものらしい。
なんだ、全部がこんにゃくでできてるわけじゃないのね(笑)と思ってしまったけど、それでもポップコーンにこんにゃくを組み合わせるという発想は斬新。
ちなみに油を使わないポップコーンマシンを使っているそうで、こんにゃくを使っていてもポップコーン特有のかりっとした食感が楽しめるんだとか。
ポップコーンって軽い口当たりだけど、そのぶんお腹にふくれなくて小腹満たしにはあまり使えないイメージ。
でもこれならこんにゃくを使っている分、おなかもふくれてダイエットにもいいかもね。  


Posted by goldenyellow at 13:38

2015年11月20日

もっと言葉を選ぶべき

茨城県教育委員の長谷川智恵子という人が昨日、おととい開かれた県総合教育会議の席上での自身の発言を撤回するというコメントを発表したのだそう。
問題となった発言の内容というのは障害児の出産をめぐるコメントで、妊娠初期にもっと障害の有無がわかるようにできないのかとか、茨城県では減らしていける方向になったらいい・・・みたいな発言をしたのだそう。
この発言について、おそらく障害児を持つ親や、その支援団体から抗議が寄せられたのか、翌日には発言のコメントを撤回し、謝罪。
「決して障害のある方を差別する気持ちで述べたものではありません」と言っているようだけど、間接的とは言え、やっぱり障害時に対する差別的な発言ととらえられても仕方のないコメントだったと思う。
でも一方で、お腹の胎児が障害を持っているかどうか事前に判断できる検査がスタートするなどの背景もあるし、それを実際に利用している人も多いことを考えると、一概に悪の発言と決めつけてしまうのもどうかなあと。
障害を持った子を産み、育てている人は本当にすごいと思うし、日々努力していると思うけど、その人達だって何も望んで障害のある子を作ったわけじゃない。
ただ運命のいたずらなのか、たまたま障害のある子をお腹に授かっただけで、自ら望んだわけじゃないんだよね。
おそらくそのあたりのことを言いたかったんだと思うけど、ちょっと言葉が足りないというか、表現が誤解を招きやすいというか(汗)
いずれにしても教育委員という立場上、もうちょっと言葉を選ぶべきだったかなと思う。  


Posted by goldenyellow at 10:13

2015年11月13日

3割に入ったけど

30代女性をターゲットにしたファッション雑誌「InRed」で既婚女性300名に対して30代の結婚に関する意識調査を行ったところ、「結婚したことに後悔がある」と答えた人が全体の31%もいたんだとか。
しかも、「後悔した」と回答した人の中の48%が結婚1年目からすでに後悔を感じていたという統計が出たんだそう。
さらに「離婚について考えたことがある人」も全体の33%と、「結婚したことに後悔がある」と答えた人とほぼ同率。
原因はいろいろだけど、夫のモラハラとか家事について文句を言われたり、夫の年収が少ないなどが主な理由なんだそう。
私も30代既婚女性という条件に当てはまるんだけど、確かに結婚に後悔したことは何度もあるし、しかも1年目から後悔していた(笑)
でもまわりのママ友を見るとみんな幸せそうで、こんな早くから後悔しているのなんて私だけなのかなあ・・・なんて思ったものだけど、実は結構多い方なんだと知り、何となく親近感(笑)
まあでも、人間って後悔する生き物だというから、結婚を後悔したことのある人ってやっぱり多いんじゃないのかなあと思う。
ただ、私も結婚を何度も後悔したけど、結局それから10数年が経過しても一応結婚生活を維持しているし。
もともと人生なんて小さい後悔を何度も繰り返していくものだしね。
それに私の場合、この人とじゃなかったら今の子供たちはこの世に存在していないんだよなあと考えると、後悔するのにためらいがあるんだよね。
子供を産んだことに関しては後悔したことないもんなあ。  


Posted by goldenyellow at 20:17

2015年11月07日

商業的には成功してると思うけどな

三重県志摩市が市の観光PRを目的に誕生させた公認キャラ「碧志摩メグ」。
同市に多い海女さんのことをもっと知ってもらおうという気持ちから、萌えキャラ×海女さんというこれまでにない斬新なコラボを実現させたことで話題になったのだけど、萌えを前面に出しすぎたせいか、キャラが発表された当初から「性的すぎる」「海女を侮辱している」などの批判の声が上がったことでも注目されていた。
それでも市はスルーしていたのだけど、やがて市民が公認撤回を求める署名運動を開始。
騒ぎが大きくなってしまったため、キャラ運営のMARIBONが志摩市に対して公認キャラクターの撤回を申請し、それが受理されることになった。
ただ、碧志摩メグは今後は非公認として活動を継続するらしく、すでに多数の企業から来年の「伊勢志摩サミット」に向けたコラボ企画の提案などが寄せられているのだそう。
つまり反対の声が多く挙がっている一方、商業PRとしては成功しているというわけ。
もともと観光PRのために作成したのだから役割は十分果たしていると思うのだけど、やっぱり本職の海女さんにしてみれば侮辱と受け取ってしまうのかな。
ちなみにアンケートでは、7割の人が「公認について問題ない」「デザインについて問題ない」と回答したらしく、これだけ見るとほぼ大半の人には受け入れられていたのではないかな?と思う。
ただ、一方で各地域の代表海女24人のうち、約3割が公認取り消しを求めたそうなので、市民の意向を反映したというより、本職の海女さんに配慮したっていうのが正解なのかも。  


Posted by goldenyellow at 10:44