QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
goldenyellow

2017年06月22日

不安を感じている時点で・・・

先日、とあるサイトで結婚を考えている彼女がいるものの、どうしても結婚に躊躇してしまうという男性からの投稿があったのだそう。
男性は35歳。一人暮らし生活が長く、そのことに慣れているためか、結婚して他人と共同生活をできるかどうか不安なのだそう。
実際、自宅などで彼女と長時間2人きりでいると、一人になりたいと思う時があるそうで。
特にここが不満!ということではないのだけど、二人でずっといると気疲れしてしまうらしい。
そこで他人と共同生活しなければならない結婚に対して不安を感じ、「結婚を遠慮すべきでしょうか」と質問したみたい。
この質問に対するレスは賛否両論で、今すぐ別れろと意見する人もいれば、とりあえず一緒に住んでみればなれる可能性もあるとアドバイスする人もいた。
私は結婚して15年になるけれど・・・個人的には、この人は結婚に向いていないんじゃないかなと思う。
これがたとえばすでに同棲していて、いつも一緒にいるとたまに一人になりたくなる・・・という話だったらよくあることだし、理解できる。
ただ、現時点で同棲しているわけでもなし。自宅で彼女と長時間いるときにしたって、おそらくたまにのことなんだよね。
それなのに疲れを感じるなら、結婚したら間違いなくストレスでやられてしまうと思う(汗)
ただ、一方で彼女との波長が合わないっていう可能性も否定できないと思うんだよね。
実は私も一人好きで、一人時間がないとストレスがたまっていくタイプ(^_^;)
でも、今の夫と付き合っていた時、当初から気を遣うことなく、自然体でいられてまったく気疲れしなかったのを覚えている。
それは向こうも同じだったようで、だからこそ一応15年間続いているんじゃないかなと(^_^;)
こればっかりはどっちが悪いってことじゃなく、相性の問題だからね・・・。
ちなみにこの男性、同棲することは諸事情で難しいらしく、結局逡巡した末に彼女とは別れたのだそう。
いくらネットでのアドバイスがあったとは言え、割と短期間で別れてしまったところを見ると、やっぱりもともと相性が悪かったんじゃないかなあ。
だいたい、結婚っていうのは勢いも大事。結婚が決まる前から、結婚したい!って気持ちよりも不安が勝っている時点で、うまくいかないと思う。普通は多少の不安があっても、それでも相手と結婚したい!っていう気持ちが勝って、結婚に至るものだからね。  


Posted by goldenyellow at 11:23

2017年06月16日

対策法はいろいろ出てるけど

昨日、警察庁のまとめで、去年1年間の認知症不明者が1万5000人を超えていたことがわかったのだそう。
前年と比べると、なんと26.4%増ということで・・・。統計を取り始めたのは今から5年前の2012年なのだけど、当時は9607人だったのが年々増加し、1万人を超えたのは4年連続のことなのだとか。
一方、昨年中に所在確認ができたのは、1万5314人。不明者とほぼ同数だけれど、これは2015年以前の行方不明者数も合わせたものなので、去年行方不明になった人が全員見つかったというわけではないみたい。
一応、届出の当日に見つかったケースが7割を超えるということで、大事に至らない場合がほとんどらしいけれど、中には2年以上にわたって行方不明という人も44人いるというからびっくり。
もちろん、都道府県警では対策を強化していて、警察犬の追跡やGPS端末の導入などを自治体に働きかけているんだけど、万全ではないってことなんだろうな・・・。
家族だって四六時中見張っているわけにはいかないし、小さな子と違って、高齢者は自分でカギを開錠し、ドアを開けて外に出て行くことができる。
要するに家の中に閉じ込めておくことができないから、徘徊の末に行方不明・・・というケースが増える一方なんだよね。
今は認知症の人にGPS付きのグッズを持たせるという対策法も出てきているけれど、肝心のグッズを持たずに出かけたりされると意味がないし・・・。
そこで今は靴にGPSをつけるというサービスまであるらしい。
こういった便利なグッズが普及すれば家族の負担も減るんだろうけれど、未だに認知症不明者がこれだけいるとなると、問題解決にはまだ時間がかかるんだろうなあ・・・。  


Posted by goldenyellow at 09:42

2017年06月10日

負けん気?

とある掲示板サイトで、会話中に否定ばかりされてうんざりする・・・という内容のトピックが立ち、話題になったのだそう。
会話中の否定というのは、たとえばこちらが何か言ったりすると、「でも・・・」とか「いやいや」といちいち否定してくることらしい。
人によって意見が違うのはある意味自然なことではあるのだけど、とにかく最初に否定されると、会話するのが嫌になってきてしまう・・・とのこと。
ああ、それはわかるなあと納得。
違う意見を聞くのはためになるけれど、それが「毎回」となると、この人は私のことがことごとく気に入らないんだなとか、どうしても私のことを認めたくないんだな・・・と思ってしまう。
だいたい、こういう否定意見を言うときって、まずは同調するのが先・・・とも言うよね。
相手の意見を「それもアリ」と認めつつ、でも自分はこういう考えを持っているよ・・・と切り出す。
こうすると相手も抵抗なく受け入れられるわけだけど、ハナから否定されるとすべてを拒否されたみたいで気分が悪くなってしまう。
ついたレスを見ると、意外とこういう人って多いらしく、「負けず嫌いなんだと思う」とか「ただの言いたがり」とかいう意見が目立ったみたい。
なるほど、負けず嫌いだから相手の意見を素直に受け入れられず、真っ向から否定するのかあ。
でもそうなると、否定のために否定するから、自分の考えは?ってことになるよね。
とにかく相手に勝ちたい!認めたら負けだ!みたいに思ってるって・・・そういう生き方してて疲れないんだろうか(汗)
  


Posted by goldenyellow at 05:27

2017年06月03日

努力うんぬんじゃなく

女優・仲間由紀恵さんの夫で、俳優の田中哲司氏の浮気疑惑が浮上したのだそう。
報じているのは写真週刊誌のフライデー。
「3年目の浮気」というベタなタイトルで、田中氏が先月の上旬にヘアスタイリストの女性のマンションから出てくる姿を掲載しているのだとか。
当時、仲間さんは仕事で海外滞在中。まさに絵に描いたような不倫だな・・・と思った(汗)
田中氏の所属事務所はノーコメントを貫いているけれど、もしこれが事実なら、女性にとっては衝撃的だなあと。
だって、仲間由紀恵みたいな美人な奥さんがいても、男は浮気するってことだもんね(汗)
よく女性は夫に浮気されないよう、身ぎれいにしたり、おしゃれしたりする努力を怠らないようにするべき・・・と言われる。
実際、私が利用している女性専用サイトでも、夫がよその女性にフラフラ~っとしたら、まずは自分の女を磨くことから始めよう!・・っていうコメントがつくことが多いんだよね。
でも今回のスキャンダルを見ると、浮気する男は妻がどんなにきれいでも浮気するものなんじゃないかって思えてくる。
それともどんなごちそうでも3日食べ続ければ飽きる・・・ってやつなのかなあ(汗)だとしたらぜいたくすぎる(ーー;)
結局、妻がどんなに努力しても、浮気する人はするんだなと。
逆にさして努力しなくても、夫が浮気しない人っていうのもたくさんいるだろうしね。
要は人間性の問題であって、妻の努力がどうの・・・ってことじゃないんじゃないかって気がした(´Д`;)  


Posted by goldenyellow at 12:01

2017年05月27日

空回りばかり・・・

昨日は4回目となるプレミアムフライデー。
サービス業では通常よりも早めにオープンしたというお店もあったみたいだけど、やっぱり客足が増えたという印象は薄いみたい(^_^;)
もともとその時間帯に開店しているところならまだしも、もとは遅い時間帯からスタートする飲み屋さんなんかは、早めにオープンするにあたって相応のコストが発生しているわけで。
なので早めにオープンしても集客が見込めないというのであれば、たとえプレミアムフライデーになっても通常通りの営業・・・というところも増えてくるんじゃないかなと思う。
まあプレミアムフライデー自体、そのうち自然消滅するんじゃないかなと(^_^;)
一番注目された初回だって、利用した人は1割に到達するかしないかくらいだったみたいだし。
3月は31日の年度末に当たってそれどころじゃなく、4月はゴールデンウイーク開始直前ということでやっぱり早めに切り上げることができなかった人が多かったという話も出ているけれど、今回は特に目立つ障害はなかったんだから、利用率が少ないのは単にプレミアムフライデーが浸透していない証拠だよね・・・。
個人的には、年内まで覚えていられたら上出来じゃないかなと(^_^;)
消費拡大案として、新たに「キッズウイーク」なんてものも出来るらしいけれど、あれもプレミアムフライデーと同じで浸透しない可能性大。
何だか、出てくる案すべてが空回りしているって感じなんだよね~。
もっと有用な案が出てくればいいんだけど。  


Posted by goldenyellow at 12:13

2017年05月20日

自分も「母」だった(笑)

この間の日曜日は母の日。私も一応二児の母なのだけど、どうしても自分の親や夫の親へのプレゼントで頭がいっぱいになり、自分が祝ってもらう立場だというのを忘れていた(^_^;)
でも子ども達は日頃はあまりやらない片付けをせっせとやってくれて、お昼も自分たちで用意して、極力私に家事をさせないようにしてくれた(^_^)
私は自他共に認める家事嫌いなので(^_^;)何かプレゼントされるよりも、家事をやってもらうのが一番うれしかったりして(笑)
自分でも主婦としてどうかと思うんだけど、こればっかりは生まれもっての性質だと思ってる(^_^;)
ちなみに12星座別「お母さんキャラ」というのがネットで紹介されていたので見てみたら、私はなんとビリ(笑)
論理思考タイプなので、非論理的な行動をする子どもは扱いが苦手なんだとか(^_^;)
まあ確かにそうだよな~と。今はうちの子たちは中学生、小学生になったのでだいぶ楽になったけど、乳幼児期はノイローゼになったもんね・・・。
私の場合、家事も嫌いだし、正直な話、母親キャラじゃないよなと自覚している(汗)
もちろん、だからと言って母親業をサボっているわけではない・・・つもり(^_^;)
やることはやっているし、努力もしているんだけどなあ・・・。やっぱり好きこそものの上手なれ。
嫌いなものは最低限こなすことはできても、決してうまくはできないという・・・。
そんな母でもちゃんと母の日にお祝いしてくれるんだから、子どもの存在ってありがたい(^_^;)
  


Posted by goldenyellow at 07:09

2017年05月15日

やっぱりやめるのが一番

近々、「近隣住宅受動喫煙被害者の会」という団体が日本弁護士連合会に人権救済申し立てを行うらしい。
この団体は、マンションなどのベランダで喫煙したときの煙によって不快な思いをしたり、実際に体調を崩したりする被害をこうむった人たちを中心とした被害者団体。
マンションのベランダでの喫煙は夜間が多く、たばこの火が闇の中に浮かんでいる様子がホタルを連想することから、「ホタル族」とも呼ばれているらしいのだけど、このホタル族に日常的に悩まされている人はかなりの数にのぼるみたい。
中には近隣宅から漂ってくるたばこの煙によって涙や咳が止まらず、つらい思いをしたという人もいるそうで・・・・。
非喫煙者にとって、たばこの煙というのは大なり小なり不快なものなのだけれど、特に気管が弱かったり、アレルギー持ちの人にとっては単に不快というだけでは済まされないんだよね。
そこでこの団体では、ベランダ喫煙禁止法の制定も目指しているとのこと。
私自身は戸建てに住んでいて、隣家との距離もそこそこある。
なので我が家で喫煙した煙が周囲に影響を及ぼすことはないのだろうけれど、そもそも私が非喫煙者であり、家の中での喫煙は絶対にNG。
なので夫はたばこを吸う時は外に出て行くほかないのだけれど、それでもまわりを気にして、たばこは車の中で吸っているみたい。
ちなみにこの車は会社から支給されている社用車(自宅への持ち帰り可)なので、自宅のマイカーにも影響なし。
なのでうちでは問題ないのだけれど、もし社用車がなかった場合、やっぱり庭や玄関先で吸わなければいけないわけで・・・。
前述の通り、スペースはあるので煙で迷惑をかける可能性は少ないと思うんだけど、煙って風に乗って飛んでいくからなあ・・・。
やっぱり禁煙が一番だと思うんだけど(ーー;) 生まれてから一度もたばこを吸ったことがない身としては、なぜそんなに依存するのかわからないわ・・・。  


Posted by goldenyellow at 09:46

2017年05月02日

全面禁止でもいいと思う・・・・

5月に入り、そろそろ学校でもプール開きの準備を始める頃だけれど、それに先立ち、スポーツ庁が全国の小中学校にプール飛び込み事故の再発防止を求める通知を出したのだそう。
もともと小中学校では授業中のプール飛び込みを禁止しているのだけど、去年は確か課外授業だかで飛び込みの練習をしていて事故にあったという子がいたような気がする。
また、高校では飛び込み可としているみたいだけれど、初心者が飛び込みをすると危険なので、その場合は生徒の能力や技術に応じた指導をするよう要請したのだとか。
まあ小中学校のプールについては当然の指導だと思う。
特に小学校のプールって、体の小さな低学年も入れるように底が浅く作られているから、飛び込みには適していないんだよね。
水泳のプロでも、水深の浅いプールへの飛び込みはリスクが高いと言われているし・・・。
ましてや素人の小学生ならなおさらのこと。授業中でやらないのはもちろん、別途大会などの練習でも飛び込みだけは禁止すべきだと思う。
個人的には、高校の授業での飛び込みも必要ないと思うんだけどね・・・。
こう言っては何だけど、プールの授業って体力作りの一環であって、試験で加点されたりするわけじゃなし。
レジャーでプールや海に行った時に溺れないよう、泳ぎを教えることは大事だけれど、そこに飛び込みの技術ってのは必要ないものね(^_^;)
しかもやっているのは素人の学生。万一のリスクが高すぎるんだから、全面禁止でもいいと思うんだけどな。  


Posted by goldenyellow at 10:03

2017年04月25日

何事もありませんように

今日は朝鮮人民軍が創設されてから85年という節目の日らしい。
去年も弾道ミサイルを発射したり、核実験を行ったりしてきたので、今回もなにやらやらかすんじゃないかと緊張が高まっているみたい。
日本でも数日前、国防省のサイトでミサイルが着弾した時の対策方法を公開。
私がよく利用しているサイトでは、24日と25日は不安なので、子どもの幼稚園または学校を休ませるという意見もちらほら見受けられた。
それに対する意見の大半は「家庭の方針だから自由」というもの。
特に幼稚園は勉強をしているわけではないので、不安なら休ませて自宅にいるという選択肢もアリかもしれない。
ただ、小中学校となると、逆に家にいるより学校にいた方が安全なのでは・・・と思う。
うちにも小中学生がいるので心配ではあるのだけれど、木造2階建ての一般的な家屋にいるより、コンクリで作られた頑丈な学校にいた方が安全性は高い気がするんだよね。
実際、地震などの災害が起こった場合、学校は指定避難場所になる建物なのだし。
なのでこういう状況だからこそ、うちはあえて学校に登校させたいかなと思っている。
もちろん、何も起きないに越したことはないのだけど・・・。
今朝も、ついさっき、小学生の娘と中学生の息子を「いってらっしゃい」と見送ったばかり。
どうか何事もなく、平穏に一日が終わりますように。
こういう緊迫感が高まると、あらためて、何でもない毎日を過ごせる幸せというのを痛感する。
  


Posted by goldenyellow at 07:17

2017年04月17日

よりにもよって登校時間帯に・・・

今朝は昨日に引き続いて穏やかな気候で、青空が広がっていたんだけど・・・。
天気予報を見ると、どうやら今夜から天気が崩れはじめ、春の嵐になるらしい。
春は強風が吹きやすいので、それ自体はめずらしくないのだけど、強風の度合いがかなり強めとのこと。
さらに雨も重なるそうで、ところによっては台風並みの大荒れになるみたい・・・(´Д`;)
荒れるのは今夜遅くからということなので、今日に関しては子供たちの登下校に影響はなさそうだけれど、問題は明日の朝。
荒れるのは明日の午前中にかけてということなのでそうなると登校時間帯にかぶっちゃうんだよなあ・・・。
午後になると次第に晴れるみたいだけれど、登校中に荒れるのが一番ひどいわけで(^_^;)
これが逆に下校時間帯なら、家に帰ってしまえば着替えられるからいいんだけど、登校中だと到着するのは学校。
タオルや替えの靴下とかは持って行けるし、濡れた制服はジャージに着替えれば済むのだけれど、靴はどうしようもないしねえ・・・。
それに中学生の上の子はまだいいんだけど、小学生の下の子は制服からジャージに着替えるというわけにもいかず(^_^;)
まああまりに濡れたら体操着に着替えるってのはありだと思うけれど・・・そこまでしないだろうなあ。
願わくば、明日の午前中には雨風ともに少しは収まってくれるといいのだけど。夜のうちはいくら荒れてもいいんだけど、朝まで引っ張るのは勘弁だなあ(^_^;)
  


Posted by goldenyellow at 09:23